しくじり先生のDVDが本当にオススメな4つの理由

この記事は2分で読めます

IMG_1099

以前「「しくじり先生」が面白い! DVDもオススメ」という投稿で、テレビ朝日「しくじり先生」の面白さの理由についてお話しました。

この「しくじり先生」はDVDが発売されており、これは本当にオススメです! 今回はDVDをオススメする理由を4つご紹介していきます。

 

1.示唆に富む授業を何回も見ることができる

「しくじり先生」ではバラエティとしての枠を超えた、リアルな失敗談を見ることができます。よく言われることですが「勝ちは偶然、負けは必然」。勝つ時には”偶然・たまたま・ラッキー”が存在しますが、負ける時には理由が必ずあるというものです。たかがバラエティということなかれ、様々な授業からこうした「負けないための教訓」を得ることができます。

更には、見るタイミングによって自分自身が受ける印象も変わります。例えば自分自身が「チャレンジする前」と「チャレンジした後のしくじり中」では感じることが大きく違うでしょう。こうした感じ方が変わることは、他の書籍であっても映画であっても経験あることだと思います。

それでいてベースはバラエテイ番組であるため、基本的には「笑い」を伴います。そのため、何度見ても嫌な感情が残らないこともポイントですね。

 

2.DVDでは教訓話の全容を押さえることができる

DVDに収録されている授業内容は「完全版」ということで、テレビでは放送されなかった新しいシーンも多々あります。テレビでは「話がつながっていない」といった謎の編集も多かったように感じましたが、完全版を見ることで背景や詳細をより深く知ることができます。

加えて、DVDでは「終わりの会」として授業をみんなで振り返る場も収録されています。最後にもう一つ教訓あるいはオチがあるのも嬉しいところです。

 

3.特別版についてくる教科書が充実

DVDの特別版には、全授業の教科書がついてきます。テレビでは紹介されなかったページも多々あったり、テレビでは一瞬しか映されなかった統計データとかをいつでも見返すことができます。

あと、先生の教訓を「自分のもの」とするための、自分で考えるレッスン用のページもあります。例えば「夢を下方修正する人が多いという流れの中で、”君の夢を書いてみよう”!」といった白紙ページがあったり。他人ごととして見るだけではなく、自分ごととして考えることで身につくこともありそうです。

 

4.その後の、先生への見方が変わる

先生は今もメディアに出ている人が多く、発言や考えがニュースサイトや記事で目にすることも多々ありますが、その時に受ける印象が大きく違ってきます

人は何も苦労していない単なる評論家には心は動かされないもの。発言者自身が苦労してもがいて悩んできたからこそ、その背景も含めて、その人の言動には重みや説得力が出てくるんだと考えています。以前ならば一瞥してさっと流していた先生たちの言葉を、真意を含めてかみしめることができるようになります。

 

さいごに

ひとつ残念なことは、「しくじり先生」のDVDは、街の店舗には置いてないことが意外と多いんですよね。

私自身も実際に買う時には、大型店舗をいくつか探して回りましたが、原物を見つけることはできませんでした(取り寄せとのこと)。結局以下のようにAmazonで買いました。

 

 

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 有吉くんの正直さんぽ
  2. IMG_1107