婚活に疲れた時に「現状を打開するためのヒント」

この記事は2分で読めます

20151027

結婚に向けた活動を続けていると、時として疲れてしまうことがあります。

なかなか上手くいかないことに加えて、嫌なことを言われたり・信じられない対応をされることもあります。私自身も経験ありますが、どうすればいいのか糸口が見えずに迷宮入りしてしまうこともあるかもしれません。

今回は、婚活に疲れた時に「現状を打開するためのヒント」について考えていきたいと思います。

 

1.婚活疲れが起きる時

まず、婚活疲れが起きる状況を整理していきましょう。婚活に限らずですが「なんとなく疲れた。もう嫌」という状態では、改善策に意識が向きにくく、「嫌な感情」ばかりに意識が向きがちです。現状を整理することで、少しでも気が楽になることも多いです。

婚活疲れが起きるシーンは、大きく以下の3つかなと考えています。

1-1.どうすればいいかが分からずに堂々巡り

婚活は縁も大切ですので、自分の努力だけではうまくいかない時もあります。一方、「まだイイ人に出会ってないだけ」かもしれませんが、本当にそうかは本人には分かりません。

加えて婚活は、他人との相性も含めた総合力が求められます。自問自答する時にも、「あの発言がまずかった?」「あの時ああしていれば」と細かい話になると同時に、「そもそも結婚に向いてない性格?」と大きな話になったり…と堂々巡りになりがちです。

 

1-2.結婚する意義を見失ってしまう

今すぐ結婚しなくても日々の生活は送ることができるので、結婚自体がどうでもよくなる時があります。ふと「婚活と称して、なんでこんなことをやってるんだろう…。止めた方が、精神的にも時間的にも金銭的にも楽になるかもしれない」と思ってしまうと心が折れてしまいます。

 

1-3.嫌なことがあって傷付く

婚活で色々な人と出会っていると、真っ当な人だけではなく、不思議な人に出会うことも多々。そしてそんな人から、心ないことを言われたり・ひどい対応をされると本当にへこみます。急に音信不通になったり…と、普通の人間関係の中では信じられないことも起きがちです。

 

以上、婚活疲れが起きるシーンを書いてきましたが、これらは「結婚したい理由、そして自分はこんな人間というのを見失ってしまった時」に起きてしまうのではと考えています。分かっているようで分かっていない自分自身のことを、見つめ直すことが突破口となりそうです。

 

2.婚活疲れを打破するためのヒント

2-1.自分のことを客観的に見てもらう・見ようとする

自分自身を見つめ直す一つの方法は、「誰かに自分のことを客観的に見てもらう機会」を作ることです。第三者に、自分はどんな人か・魅力的な所・その逆を思い切って聞いてみましょう。聞きにくいことかもしれませんが、なるべく客観的に見てもらえる相手の候補は以下でしょうか。

・結婚紹介所とか婚活セミナー(有料のもアリですが、初回相談無料のとこもあります)

・婚活中に出会った人(本命にはならなさそうな人←失礼!^^;)

・家族や友人(年の近い異性がベター)

 

なお別の方法は、「相手の反応に徹底的に着目する」ことです。例えば「初対面の人によく言われること」「自分の発言の後に相手がどんな反応をするか」など、普段は何気なく流しているものです。目の前の相手をよーく観察してみましょう。自分の第一印象や、自分が放つ空気感を感じ取ることができます。

 

2-2.それでも辛い時は…一旦遠ざかる

ただ、時にはどうしても気乗りしない時・へこんでしまう時があるかもしれません。そんな時は、あえて婚活から離れるのも一つです。

しばらく婚活はしない…そうするとそのうち、友人の結婚式や子供といった外部刺激に出くわしますので、その瞬間にモチベーションが上がるでしょう。やはりこういうことは「しなきゃ」という義務感で動くより、心の底から湧き上がってくる前向きな気持ちで動くことで、表情や言動そして結果が大きく変わってきます

なお、活動を再開した時にゼロからだとまた時間がかかるので、ネタを仕込んでおく&アンテナは常に張っておきましょう。例えば婚活サイトに登録しておく、出会いの場に時々でも顔を出す…、そうすると何かの拍子できっかけがあるかもしれません。素敵な人に出会うだけで一気にテンションが上がるはず!

 

まとめ

堂々巡りになったり・つらい時は、往々にして自分の立ち位置を見失っている場合が多い気がします。自身の現状が分かるだけでも、どっちにどう走ればいいかの糸口が見えてくると考えています。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 20151022
  2. 20151103
  3. 20151106_1
  4. 20151021_eye
  5. 20151023_1
  6. 20151029_1